2019.12.01

福岡大会 12月1日@北九州市立篠崎中学校

森永乳業杯 20191201 福岡大会

 

今年の福岡大会は11の中学校から参加者95名で開催しました。初会場となった北九州市立篠崎中学校。会場設営・撤収は顧問の先生をはじめ生徒さんが積極的にお手伝いして頂きスムーズに進めることができました。ドリームスからは佐野優子・狩野舞子の2名が指導に当たりました。

今年のテーマは「身体を作る」です。睡眠・栄養・運動の中の2つ「栄養・運動」について皆で学ぶ時間にしてほしいとMCの佐々木が参加者へ伝えスタートしました。

まずは、運動ということで、ウォーミングアップから開始です。2人1組になり、ボールを使ったアップや、腹ばいに寝そべった相手の脚を持って引っ張り、引っ張られる方は背筋を使って床にへばりつくゲーム感覚のアップを行いました。身体が温まったところでパス練習に移りました。

4人1組になって普段の練習では行わない、変則的なパスに挑戦しました。難しい練習でしたが参加者は何度も繰り返し挑戦していました。その後は、スパイクとサーブ練習を行いました。

積極的にスパイク、サーブについてアドバイスを求める生徒も多く、狩野舞子は丁寧に質問に答えながら指導しました。

大会後半は、ミニゲーム(5ポイント制)勝ち抜きトーナメントを行いました。接戦を勝ち抜き優勝したチームはエキシビションマッチとしてドリームスチームと対戦しました。

ドリームスチームには講師2名に加えて顧問の先生2名と森永乳業スタッフ3名が助っ人で参加。

両チーム、ファインプレーも続出して熱戦を繰り広げましたが、最後は森永乳業スタッフのスパイクが決まり5-2でドリームスチームが勝利しました。MVPには技術的に優れていた生徒、元気一杯にプレーしていた生徒6名を選出。

閉会式では森永乳業スタッフから「乳製品の中で最も良い要素が多いのはチーズと言われていて牛乳の10倍ものカルシウムが入っている」話や「日々の食事では、バランス良い食事を心がけてください」と栄養指導がありました。

閉会式のあと、グループ毎に写真を撮り、引き続き保護者の皆さまを含めて全員で森永乳業製品で水分補給・栄養補給をして大会を閉会しました。

教室風景

閉会式後に全員に配布された森永乳業製品で、汗を流した身体に水分と栄養を補給をしました!

PAGE TOP