2019.11.16

沖縄大会 11月16日@那覇市立上山中学校

森永乳業杯ツアー オブ バレーボール2019】沖縄大会 11月16日@那覇市立上山中学校

 

今年で4回目となる沖縄大会、7つの中学校から92名の参加で開催しました。設営や撤収も上山中学校バレーボール部の皆様や、他の学校の生徒さんにも手伝ってもらいスムーズな進行でした。

ドリームスからは佐野優子・狩野舞子の2名が講師として指導にあたりました。

大会は、アップから開始しました。2人1組になってボールを使用し、普段行わないようなアップを楽しく行い、実技練習に入りました。まずは、レシーブ練習です。チームごとに分かれ、オーバーパスの練習です。ボールをきちんと持って、飛んできたボールを、そのボールを使って前へ返す練習をしました。アンダーパスでは、低い姿勢のままレシーブすることが大切と佐野優子が指導しました。後半は、スパイク練習を行いました。6か所に分かれてエンドラインを狙って打つ練習を何度も行いました。実技練習最後は、ミニゲームに向けてサーブ練習を行って終了しました。

沖縄大会では、昨年に引き続き休憩中にサーバー使用(紙コップ提供)での水分補給時間を設けました。とても冷えたコーラスウォーターとレモンティーが用意され、参加者は嬉しそうに水分補給をされていました。

水分補給をした後にミニゲーム(5点ポイント制)の勝ち抜きトーナメントを10チームで行いました。決勝を勝ち抜いた優勝チームには最後のお楽しみプレゼントととして、ドリームスチームとの対戦をしてもらいました。ドリームスチームには、講師2名に、森永乳業スタッフ3名、教員の先生が1名が加わりました。狩野舞子がブロックを決めて2-1とドリームスチームがリードしたものの最後は優勝チームがサーブを決めて、6-4で接戦を制しました。

今年度のテーマは「身体を作る」です。実技指導の後の栄養トークでは丈夫な身体を作るために

どのような栄養を取り入れたら良いか、ドリームス講師と森永乳業スタッフから話がありました。森永乳業からは、牛乳に入っているミルクカルシウムが身体にとても吸収しやすく、成長期にはとても必要であることや、好き嫌いなくバランスよく食事をとることが大切と話がありました。

閉会式のあと、グループ毎に写真を撮った後に保護者の皆さまを含めて全員で森永乳業製品で

水分補給・栄養補給をして大会を閉会しました。

教室風景

閉会式後に全員に配布された森永乳業製品で、汗を流した身体に水分と栄養を補給をしました!

PAGE TOP