2019.10.14

前橋大会 10月14日@前橋市立桂萱中学校

【森永乳業杯ツアーオブバレーボール2019】前橋大会 10月14日@前橋市立桂萱中学校

 

今年の前橋大会は14の中学校から参加者99名で開催しました。設営撤収などの運営サポートを新会場である前橋市立桂萱中学校バレーボール部の皆様が手伝ってくださいました。

ドリームスの講師は眞鍋政義・狩野舞子が務め、丁度二人ともワールドカップで解説をしていた講師であったため、会場は大いに盛り上がりました。

今年度のテーマは「身体を作る」です。実技練習に加え、栄養面についても学ぶ時間を設け、講師から参加者に伝えることができました。

教室はゲーム感覚のアップからスタートしました。ボールを使ったパス練習まで、少し長めにウォーミングアップを行いました。実技練習では、全員一緒にレシーブ練習から開始。チームに分かれて講師・顧問の先生方が球出しを行い、スパイクレシーブからトスを上げる練習を行いました。続く、スパイク練習では、3カ所に分かれてできるだけ長いコース、コートの奥の方を狙って打つ練習を何度も繰り返しました。さらに、後半のミニゲームでも重要になってくるサーブの練習を行いミニゲームに備えました。

後半は、勝ち抜きトーナメントのミ二ゲーム(5ポイント制)を行いました。そして最後はトーナメントを勝ち抜いた優勝チームとドリームスチームとの対戦です。ドリームスチームには講師2名に加え、顧問の先生2名と、森永乳業スタッフ2名が助っ人で参加。まずは、ドリームスの攻撃で先取点をとり1-0とリード。続いて森永乳業様社員の連続サービスエースで3-0。さらに顧問の先生がスパイクを決めて4-0とドリームスチームが攻めます。最後は狩野がスパイクを決めて5-0でドリームスのストレート勝利となりました。

森永乳業スタッフからの栄養指導では「積極的に乳製品カルシウムを摂取することが大切。タンパク質は運動した後すぐに摂取した方が良いと」などのアドバイスがありました。

閉会式に続いて、グループ毎に写真を撮った後、保護者の皆さまを含めて全員で森永乳業製品で水分補給・栄養補給をし大会を閉会しました。

教室風景

閉会式後に全員に配布された森永乳業製品で、汗を流した身体に水分と栄養を補給をしました!

PAGE TOP