2021.05.25

〔イベント報告〕5月23日東京2020オリンピック 聖火リレー(姫路市)に球団オーナー眞鍋政義が参加しました

5月23日(日)、姫路市で開催された東京2020オリンピック聖火リレーに球団オーナー眞鍋政義が参加しました。
新型コロナウイルス感染拡大の影響により、公道を走る聖火リレーが中止され、その代替行事として姫路城三の丸広場で聖火を祝うセレモニーが行われました。
当日特設会場には、姫路市、豊岡市、朝来市、宍粟市、加東市、小野市、加古川市から参加した82名のランナーがステージ上で聖火を受け渡す「トーチキス」を実施。
豊岡市の聖火ランナーである、ヴィクトリーナドリームスの井上香織さんも同じ会場での参加となりました。
眞鍋は「まずはコロナ禍に、この聖火リレー実施にご尽力いただいた関係者の皆さまに感謝いたします。わたしはオリンピック選手として1回、監督として2回出場しました。そして4回目は聖火ランナーとして、ふるさと姫路で聖火をつなぐことができ本当に嬉しく思います」と語りました。
聖火は翌日セレブレーションが行われる丹波篠山市へとつながれました。

〔イベント報告〕5月23日東京2020オリンピック 聖火リレー(姫路市)に球団オーナー眞鍋政義が参加しました
〔イベント報告〕5月23日東京2020オリンピック 聖火リレー(姫路市)に球団オーナー眞鍋政義が参加しました
〔イベント報告〕5月23日東京2020オリンピック 聖火リレー(姫路市)に球団オーナー眞鍋政義が参加しました
左から、大畑大介(元ラグビー日本代表)、
井上香織(元バレーボール女子日本代表)、
小林祐梨子(元女子陸上競技日本代表)、
眞鍋政義(球団オーナー)

PAGE TOP