GAME RESULT

ヴィクトリーナ姫路 和歌山県

2

  • 試合終了
  • 25-8
  • 25-11

0

国民体育大会近畿ブロック大会 
08.26(日) 10:00 和歌山ビックホエール

試合レポート

スターティングメンバー:浅津、大田、逆瀬川、河合、高木、中本、L)片下

ヴィクトリーナ姫路は、近畿代表をかけてB組2位通過の和歌山県と対戦し、2-0のストレート勝ちで、昨年に引き続き、近畿代表の座を勝ち取り、国体本戦出場を決めた。

中谷コーチ監督代行は、「アウトサイドでケガ人が出たり、登録の関係で出場できない選手がいる状況があり、今大会に向けては、ポジションを変更しながら練習を積み重ねてきた。普段やり慣れていないレフトに入ったアウトサイドヒッターの逆瀬川が、自分の役割を理解し、ディフェンスの光るプレーをみせた。全体的にもディフェンスがよく、攻撃につながるいい流れが作れる展開ができた。しかし、相手のミスでの得点も多く、自分たちで取れるところは取り切っていくことがまだまだ課題である。」

スタンドから観戦していた竹下監督は「相手がミスをしてくれたのもあるが、自分たちの方で変なミスなく戦えていた。攻撃面で決定打不足という部分は常に課題で、緻密で堅いバレーをしていかないと、高いレベルで戦うには今のままでは厳しい。今大会では、高木、浅津らベテラン中心によく頑張ってくれていたので、若手のレベルアップも強化していきたい。」とコメント。

今大会、ポジションをライトからレフトに変更して出場したアウトサイドヒッターの逆瀬川由衣選手は「自分たちのミスが少なく、いい展開でできていたのは良かったと思う。慣れていないレフトでのプレーは、スパイクはやはり打ち切れないことが多く難しかったが、レシーブに集中するという気持ちに切り替えてコートに入った。上の選手たちの安定感のお陰で、レシーブに集中でき、結果につながったと思う。」と、試合後、笑顔を見せてくれた。

フォトギャラリー

  • 写真1

  • 写真2

  • 写真3

  • 写真4

  • 写真5

  • 写真6

  • 写真7

  • 写真8

△Pagetop