NEWS

DREAMS

【森永乳業杯ツアーオブバレーボール2018】大阪大会

2019/01/31 00:00

ツアーオブバレーボール2018の第22回は大阪大会です。
羽曳野市立はびきの埴生学園の体育館をお借りして、97名の生徒さんが参加してくれました。

講師は、佐野優子と井上香織です。

 

まずはウォーミングアップ。

寒いので、21組ストレッチから始めます。

ストレス後は、手でじゃんけんして負けた人が勝た人の周りを素早く回るを3回、足じゃんけんでも同じことをしました。続いて、片手をつないで相手の膝をタッチ。触った回数が引き分け、もしくは少なかった人が罰ゲームとして壁タッチダッシュをしました。また、一人が寝転んでもう一人の人がその人をひっくり返すゲームや、寝転がった人の足を持って引っ張るゲーム感覚のウォーミングアップをしっかりやりって、身体をあたためました。

 

次は実技練習です。

 

佐野優子がレシーブを担当し、井上香織がブロックの担当をしました。

佐野優子は、オーバーパス、アンダーパスの基本を丁寧に指導。しっかり膝を曲げてボールを受けることが大切だとアドバイスしていました。

井上香織のブロック練習では、顧問の先生方にご協力いただき練習しました。チームごとに1列になって、顧問の先生方にボールを持ってもらう、もしくはスパイクを打ってもらい、何度も何度も繰り返しブロックの練習をしました。

 

練習後は、5点先取の勝ち抜き戦を行いました。決勝戦は、Aコートで順調に勝ち進んできた紫チームと、Bコートで元気よく声を出して勝ち進んできた青チームとの戦い。

 

1点取ったら取り返す、両チーム点の取り合いで、4-4になります。決勝戦は特別ルールで、デュースあり2点先取したチームが勝ちとなり、ギャラリーも盛り上がります。5-5と接戦を繰り広げてきましたが、ここで紫チームが連続ポイントをあげて7-5で勝利しました。

 

最後は10チームの中から勝ち残った紫チームとドリームスとの戦いです。

 

先行は、ドリームスチームで佐野優子からのサーブ攻撃。顧問の先生がスパイクを決めて1-0。連続ポイントで2-0。さらに、井上香織がブロックを決めて3-0、顧問の先生が上手にフェイントを決めて4-0とドリームスチームが攻め続けます。ここで、裸足で頑張っていた森永乳業の社員さんですが、サーブのミスで4-1。紫チームは粘って追い上げたいところですがミスをしてしまい、試合終了5-1でドリームスチームの勝利となりました。

 

最後は栄養のお話です。

 

佐野優子

小学校4年生からバレーボールを始めてきた。身長は伸びなかったが、取り柄が一つあった。それは、バレーボール人生で大きな怪我をしなかったこと。ご飯をバランスよく満遍なく食べていたからではないかと思う。学生時代が丈夫な身体を作るのに大切。5つのうちの一つが乳製品。バランスよく栄養をとることを意識して、怪我のないよう心掛けてほしい。

 

井上香織

2176センチあった。

11リットル牛乳が好きで飲んでいた。ジュースはほとんど飲まなかった。

乳製品のヨーグルトや、牛乳などを少しずつ、意識してとるようにしましょう。森永乳業の牛乳がおいしいですよ。

 

2018年度のツアーオブバレーボールは全国22か所をまわり終了しました。

参加していただいた皆様の記憶に残り、今後の生活に活かせいただけば幸いです!

2019年度もみなさまの元にまわる予定ですので乞うご期待!!

一覧へ戻る

△Pagetop