NEWS

DREAMS

【森永乳業杯ツアーオブバレーボール2018】名古屋大会

2018/11/22 00:00

ツアーオブバレーボール2018の第18回目は名古屋大会です。

北名古屋市健康ドームをお借りして、111名の生徒に参加していただきました。

講師は、井上香織と狩野舞子です。

 

まずは、ゲーム感覚のウォーミングアップで楽しく身体を温めました。

 

つづいて実技練習です。

井上香織:ブロック練習

チームごとに分かれ、顧問の先生方にスパイクを打ってもらい、何回もブロックの練習をしました。

ブロックする時は、「肩幅に足を広げて、胸の前に構える。手の動きは、上下のみ。前後しないように。

手はまっすぐ前に出す。

ブロックするときは顎を引いて上目づかい。

「声を出して元気よく。」と井上からアドバイスがありました。

 

狩野舞子:スパイク練習

「狙いたい方向に肩を向け、打ちたい方向にしっかりスイングさせる。きちんとコースを狙って打つ。」とアドバイス。生徒たちは、レフト、センター、ライトの3箇所にわかれて、何度もスパイク練習をしました。

 

実技練習の後は、ミニゲームで各チームが戦いました。

5点先取したチームが勝ちで、決勝戦は紫チーム対水色チームの戦い。

4-4と同点となり、特別ルールでデュースありに変更となり、サーブで2点連続得点をあげた紫チームが優勝となりました。

紫チームのキャプテンは、一致団結できたことが勝因だとインタビューにこたえました。

 

最後は、優勝した紫チームとドリームスチームの戦いです。

ドリームスチームは、講師2名と、森永乳業さんから3名、顧問の先生1名、ボランティアさんから1名加わり7人体制。

 

紫チームが1点をとりますが、ドリームスが攻め続け、狩野さんのスパイクが決まり2-1とリードします。

紫チームも、スパイクで攻撃しますが、井上さんの高いブロックに阻まれ3-1とドリームスに追加点。

周りの生徒たちも声援を送りますが、紫チームは、リズムを変えることができず5-1でドリームスの勝利となりました。

 

最後は集まって栄養の話です。

井上香織:あまりジュースを飲んだことがない。

中学生の頃は、お茶と牛乳で育った。

カルシウムを取るとことが大切なので積極的に乳製品をとるようにチャレンジしてみてください。

 

狩野舞子:高校生まで好き嫌いが多かった。

身長は、中学生で182センチあった。

プロに入って大怪我をした時に、食生活が良くないことに気づき、そこから気をつけるようになった。

嫌いなものもトレーニングの一つとして、摂ってみてください。

 

 

森永乳業株式会社 執行役員中部支社長 角野さま:

中学生のみなさんには、いろんなことにチャレンジしてほしい。

講師のお二人から教えていただいたことを、明日から実践してみてください。勉強、バレーボールを両立して頑張ってください。

 

生徒たちはTBCドリンク、飲むヨーグルト、パルムをいただき、チームの仲間たちと一緒に楽しくいただきました。

 

一覧へ戻る

△Pagetop