NEWS

DREAMS

【森永乳業杯ツアーオブバレーボール2018】千葉大会

2018/10/29 00:00

ツアーオブバレーボール2018の第13回目は千葉大会です。

今回の講師は、眞鍋政義と大友愛です♪

明海大浦安キャンパスの体育館をお借りして、111名が参加しました。

 

まずは軽くウォーミングアップでランニング

 

次に、壁から反対側の壁をタッチして戻ってくるダッシュを繰り返し、違う学校の人と21組になり、ゲーム感覚でアップをします。

まずは、手を繋ぎ、笛の合図で足を踏み合ったり肩をタッチしたりし、多く足を踏まれた方が罰ゲームとしてもも上げ10回を2セットしました。

 

次に、1m位離れて二人で向き合い、お互い小刻みに足踏みをしながら、笛の合図で一人が左右上下に手を出したり、ジャンプ、回転したりして動きます。

もう一人は同じ動きをするように真似して動きます。小刻みに足踏みをしなくてはならないので、疲れてしまったと言う生徒もちらほらといました。

 

そして、最後は、

アタックラインにならび、一人はうつ伏せになり、もう一人はうつ伏せになっている人の足を持ち、引っ張るゲーム。

床にうつ伏せになっている人は、ひっぱられないように、一生懸命、床にへばりつきます。

時間内に、エンドラインまで引っ張られてしまった人、エンドラインまで引っ張ることができなかった人は、罰ゲームのダッシュをしました。

その後、1グループ同じ学校の人は4人までとし、10人と11人のグループを作り、キャプテンを決めて自己紹介をしました。

 

続いて実技練習です。

眞鍋政義からは、レシーブ。

まずは、丸の内ヴィクトリーナの皆さんがお手本となり、動きの確認。

3列に分かれて、真ん中の人がアタックレシーブ、サイドの人がトスを上げる練習をしました。

しっかりボールの正面に入りレシーブすることが大切で、何度も何度も繰り返し練習しました。

 

大友愛からは、ブロックの指導をしてもらいました。

ネットを挟んでボールを使ってのブロック練習したり、ボールなしでブロックのステップの練習をしました。

また、二人向き合って、一人がボールを転がし、もう一人はボールの正面に入ってボールをキャッチしてジャンプし、肘をしっかり伸ばして手首のスナップをきかせて、ボールを下に落とす練習をしました。

 

練習した後は、11チーム、5点先取のトーナメント戦が行われました。

 

決勝戦は、Aコートで勝ち進んだ青チーム vs Bコースで勝ち進んださくらチーム。

ナイスプレー続出で、お互い粘り、点の取り合いになりました。

周りも盛り上がります。

44同点、最後は青チームが鋭いスパイクを決め優勝となりました。

 

ドリームス対青チーム

ナイスサーブで02と青チームが先攻します。

ドリームスチームも粘り、アタックで点をとり3-3と同点にします。

青チームにミスが出てしまい4-3

ブロックで頑張りましたが5-3でドリームスの勝ちとなりました。

 

最後に集まって講師からのお話です。

眞鍋政義:講演会で話した練習・睡眠・栄養の3つのポイントをきちんと今日からやっていきましょう。

 

大友愛:毎日毎日練習して、繰り返してバレーボールも上手になる。

栄養も同じで毎日毎日の積み重ねが大切。

丈夫な体を作ることを意識して頑張ってください。

 

試合でブロックで点をとった3名に大友愛から、サイン入りメモ帳のプレゼントもありました♪

一覧へ戻る

△Pagetop