NEWS

DREAMS

【森永乳業杯ツアーオブバレーボール2018】前橋大会

2018/10/22 00:00

ツアーオブバレーボール2018の第12回目は前橋大会です。

今回の講師は、齋藤信治と大友愛です♪

 

まずはウォーミングアップ。

二人一組になり、片手をつないで相手の足を踏み合う、笛がなったら肩を触り合う、これを笛の合図で交互に行う。

足を多く踏まれたほうの人が腿上げの罰ゲームをしました。

さらに2人組でうつ伏せになった人をアタックラインからエンドラインまで引っ張るゲーム。

引っ張られてしまった人と、引っ張ることができなかった人が、壁タッチダッシュの罰ゲームなど楽しみながらウォーミングアップ終了しました。

 

実技練習は、齋藤信治がアタック、大友愛がレシーブ〜トスを担当しました。

齋藤信治:アタックを打つ時のステップの時の腕の振り、打たない方の手の大切さ、打つ方の肘の高さなど、ポイントをわかりやすい説明を受けてから、3ヶ所に分かれて実践練習をしました。

大友愛:チームプレイでやるバレーボールで大切なこと、思いやりの心を持って次の人にボールを繋ぐということを意識しながら、パスの練習をすることを教えてもらいレシーブ、トス練習をした。

 

次に勝ち抜き戦です。決勝は、赤対 すみれで試合を増すことにチーム一丸となって、声もたくさん出ていたすみれチームが5-3で勝ちました。

 

続いて、勝利したすみれチームとドリームスチームとの対決です。

ドリームスチームは、齋藤と大友、アシスタントコーチ2名と森永乳業さん2名が入ってくれました。

前半は、ドリームスが好調のスタートを切っいたが、すみれチームも粘り、44に。

特別ルールのもと、デュースありで2点連続先取したチームの勝ちに。

斎藤も負けらるないと大きな声をだして気合をいれるほど、両者譲らない。

周りで観戦する生徒も徐々に盛り上がり、会場内にいるみんなが試合に夢中になりました。

最後はすみれチームのサーブ攻撃で、コースを狙い2点先取。

見事すみれチームがドリームスに8-6で勝ちました。

 

最後に集まって栄養の話です。

大友愛:好き嫌いのないことが強い身体を作る。

バレーボールを中1で始めてた。中2の時、良い先生がきて、そこから身体作りもしっかりするようになった。

父親が工夫して、身体のために牛乳を取るように、食事に入れたりシチューやスムージーにしてくれたり、摂り方を変えたことで苦手を克服できた。

口に入れるものが大切。栄養をしっかり摂っていくことを継続していくことで、丈夫な身体が作れるので、みんなも好き嫌いなくしっかり食べて欲しい。

これもひとつのチャレンジなので意識してほしい。

 

齋藤信治:両親から食べさせてもらって大きくなったが、これは当たり前のことではなく、感謝している。

小さい頃から牛乳はよく飲んでいた。背が2メートル超えている選手の共通点は牛乳、睡眠、栄養。しっかり食べてしっかり眠る。

牛乳がダメなら別のものでカルシウム、タンパク質を摂るようにする。それが背を伸ばす、怪我をしない身体作りの秘訣だと思う。

一覧へ戻る

△Pagetop