NEWS

HIMEJI

【プレスリリース】神戸親和女子大学と株式会社姫路ヴィクトリーナによる「産学連携協定」締結・「トリニダード・トバゴ(女子代表チーム)姫路事前合宿事業」取り組みに係る記者会見

2018/07/20 00:00

株式会社姫路ヴィクトリーナ(本社:兵庫県姫路市、代表取締役球団社長:橋本明 以下、姫路ヴィクトリーナ)は
神戸親和女子大学(神戸親和女子大学 学長  三井知代 以下、神戸親和)と、
神戸親和 発達教育学部 ジュニアスポーツ教育学科 スポーツマネジメントコースを中心に
スポーツチームの経営研究を主体とした産学連携協定を締結しました。
今年11月に開幕するV2リーグ公式戦でのヴィクトリーナ姫路の経営に関するデータや観客動員に関するデータなどを提供し、
神戸親和ジュニアスポーツ教育学科の学生らの研究材料としてもらいます。
姫路ヴィクトリーナとしては、学生の意見やアイディアを反映し、観客の獲得などに役立てていきます。    

また、9月に姫路ヴィクトリーナが引き受ける2018世界バレー女子大会に出場する
トリニダード・トバゴ女子代表チームの姫路事前合宿についても神戸親和がこの産学連携協定の第1号事案として取り組むこととなりました。

プレスリリースは、こちら

一覧へ戻る

△Pagetop