GAME RESULT

大阪スーペリアーズ ヴィクトリーナ姫路

0

  • 試合終了
  • 15-25
  • 15-25
  • 21-25

3

2018/19 V・リーグV2 
1.19(土) 15:00~ 第一総合運動場市民体育館<スカイアリーナ>(大阪)

ハイライト映像

試合レポート

V2リーグ第11戦、大阪スーペリアーズのホームでの一戦。
ヴィクトリーナは1セット目、出だしから浅津のサーブが走り、相手を崩したところで、ミドルの高木の移動攻撃や速攻で着実に得点を重ねて攻撃のいいリズムを作り出し、リードを奪う。
中盤以降はサイドの金杉にボールを集め、パワーあるスパイクや効果的なバックアタックなどでさらにリードを広げて、25-15で先取する。

2セット目も勢いそのままに、高木の速攻、さらにブロックも冴え渡り、ヴィクトリーナが前半からたたみかけるように得点を奪っていく。
このセットでスタメンのサイドの貞包、ミドルの吉岡もパワーとテクニックを使い分けてスパイクを決めるなど、ヴィクトリーナが終始リードする展開で、25-15で2セットを連取。

3セット目序盤は、一進一退の攻防となるものの、金杉、髙橋のサイド陣のスパイクと、スタメンで入ったミドルの中本の要所での移動攻撃や速攻で相手を翻弄し、25-21。各セットでスタメン起用が変わる中でも各選手が役割を果たし、3-0のストレートで勝利を収めた。


【竹下監督コメント】
今日はスタートがスムーズにいったのがよかった。
出ている選手もそれぞれしっかり準備して入ってくれていたし、自分たちが持つ攻撃力の中で、きっちりできたと思う。
自分たちが防げるミスはまだあるので、そこはそれぞれ反省してもらい、セッターの組み立てやサーブレシーブなど試合の中でしっかり修正しながら、チーム力を高めていけるように全員で頑張っていきたい。


【高木選手コメント】
攻撃の流れとしては、最初からいいリズムで、全部サイドに頼るとかでもなく、要所要所でバックアタックも決まって、いい流れの試合展開だったと思うが、自分自身としては、思い通りできたということがないくらいで、ブロックも迷惑をかけたなと、反省点が多いというのが正直な感想。
来週のホームゲームはたくさんの方が観に来てくださると思うので、日頃、応援してくださる方たちに、もっと応援したい、勇気が出たと言ってもらえるようないい試合をしたいと思うので、一戦一戦いいゲームができるようにみんなで頑張りたい。

フォトギャラリー

  • 写真1

  • 写真2

  • 写真3

  • 写真4

  • 写真5

  • 写真6

  • 写真7

  • 写真8

  • 写真9

  • 写真10

  • 写真11

△Pagetop