GAME RESULT

プレステージ・インターナショナルアランマーレ ヴィクトリーナ姫路

0

  • 試合終了
  • 18-25
  • 18-25
  • 21-25

3

2018/19 V・リーグV2 
1.13(日) 12:00~ 柏市中央体育館(千葉)

ハイライト映像

試合レポート

V2リーグ後半2レグの初戦、プレステージ・インターナショナル アランマーレとの対戦。

ヴィクトリーナ姫路は1セット目、序盤は一進一退からわずかにリードを奪われるが、サイドの金杉、浅津を中心に得点を重ねて、徐々にプレステージを引き離していく。
サーブレシーブやブロックフォローでの好レシーブで粘りのバレーを見せるなど、自分たちの攻撃へと展開し、セッターの河合が、金杉、浅津、前日Vリーグデビューで活躍を見せた内定選手の貞包のサイド陣を巧みに使い分け、リードを広げる。
サーブでも浅津や大元の連続ブレイクポイントで相手を崩し、25-18で1セット目を先取。

2セット目も浅津のサーブから相手を崩し、金杉とミドルの高木が確実に得点を決めるという流れで、序盤からリードを奪う。
後半には、金杉の強烈なバックアタックも決まり、攻撃力を見せつけ25-18でセットを連取する。

3セット目もヴィクトリーナはサーブで崩し、ブロックで仕留めたり河合が2アタックを決めたりするものの、逆に金杉のスパイクがブロックで阻まれるなど、攻撃パターンがプレステージに対応され、
中盤は一進一退が続く展開。
そして後半、河合が冷静にサイドとミドルを使い分けるトス回しを見せ、そのトスに高木が反応。速攻や移動攻撃を確実に決めて流れを引き寄せ、そのままリードを奪って25-21で、セットカウント3-0。開幕から負けなしの10連勝を飾った。


【竹下監督コメント】
前日の柏戦は勝利したものの内容は非常に良くなかった中で、今日の選手たちは非常にまとまっていた。ミスはたくさんあったが、今ある中で一生懸命力を出したゲームだったと思う。
チームとしてベストな状態で戦えればいいが、長いリーグ戦何が起こるかわからない中で、それぞれがしっかり役割を果たすプレーができれば、さらに上を目指せると思うので、今日のゲームは非常に大きな意味を持ったゲームになったと思う。

【浅津選手コメント】
スタートはあまり良くなかったが、中盤、サーブが走って、自分たちのプレーをすることができたのでよかった。また、途中から入ってきた選手もいい仕事をしてくれたので、いい試合ができたと思う。
今日スエレが出場しなかったことから、ボールはいつもより私に多く上がってくるというのはわかっていたので、とにかく点を取ろうという気持ちでプレーした。
これから2周目に入り、相手に対応されたりする部分が多くなると思うので、もう1度自分たちがやらないといけないことを一人一人が見つめ直して、また試合に臨んでいきたいと思う

フォトギャラリー

  • 写真1

  • 写真2

  • 写真3

  • 写真4

  • 写真5

  • 写真6

  • 写真7

  • 写真8

△Pagetop