GAME RESULT

ヴィクトリーナ姫路 JTマーヴェラス

0

  • 試合終了
  • 23-25
  • 25-27

2

近畿6人制バレーボール総合女子選手権大会 
09.01(土)  島津アリーナ京都

試合レポート

Vリーグ、クラブ、大学、高校が一堂に会し、近畿No.1を競うこの大会、ヴィクトリーナ姫路は若手主体のメンバー構成で挑んだ。
2回戦のJTマーヴェラス、V1チームで格上との対戦だったが、臆することなく、気合いの入ったプレーを見せた。
結果としては0-2のストレート負けを喫したが、得点の取れる安定感のある浅津、高木を起用しない若手主体のメンバー構成で、いずれのセットも2点差まで追い込み、JTを苦しめる展開を見せることができた。

< 中谷コーチ監督代行 総評コメント >
「天理大学戦1セット目は、コートに入った時点で自分自身の技術や気持ちをコントロールできないところが浮き彫りになってくると、格下、格上は関係なく、自分たちでコート内の問題を解決できない、
その未熟さが出た。2セット目、途中出場の大田の活躍は、地域リーグ戦やサマーリーグなどいろいろ経験してきたものが形になり、チームにいい影響をもたらしてくれた。
JT戦は、中途半端なことはしないで、やると決めたことをやり切ろうと話して、それ通りのことは大体できたと思う。2セットとも2点差で負けたが、勝敗の差は僅かで、ファインプレーとかではなく、何気ないトスが上がるか、何気ないパスが返るかなど、そういうところの差。
今まで課題で上げていたアタックは、これまで厳しいことを言われ、厳しい練習をしてきて、JT戦では良さが出ていたように思う。今回の経験を生かしていってもらいたい。」

フォトギャラリー

  • 写真1

  • 写真3

  • 写真4

  • 写真5

  • 写真6

  • 写真7

△Pagetop