GAME RESULT

ヴィクトリーナ姫路 天理大学

2

  • 試合終了
  • 12-25
  • 25-21
  • 25-20

1

近畿6人制バレーボール総合女子選手権大会 
09.01(土)  島津アリーナ京都

試合レポート

Vリーグ、クラブ、大学、高校が一堂に会し、近畿No.1を競うこの大会、ヴィクトリーナ姫路は若手主体のメンバー構成で挑んだ。

初戦の天理大学、1セット目の出だしから自分たちのミスが続き、簡単にセットを落としてしまう。
2セット目、途中出場の大田のスパイクやサーブが決まるなど、悪い流れを断ち切り、フルセットに持ち込んで逆転勝利を収めた。

< #5 大田知香コメント >
「1セット目、ボロボロに負けて、2セット目あたまにみんなで声をかけ合い、ゆきさん(河合キャプテン)も本当にもう1回集中し直して頑張り直そうと声をかけてくれ、内容は決してよくなかったが、何とか立て直せて勝ててよかった。
今日はスパイクの調子がよかったので、自分が前衛の時も後衛の時もいつも以上にトスを呼んで、決めよう!と、とにかく負けられない!と思ってプレーした。
どんなメンバーでも試合には出たいので、リーグにつなげていくために、今後はレシーブとブロックの関係性を高めることと、サーブの精度を上げていきたい。」

フォトギャラリー

  • 写真1

  • 写真2

  • 写真3

  • 写真4

  • 写真5

  • 写真6

  • 写真7

  • 写真8

  • 写真9

△Pagetop