2021.06.22

〔試合結果〕国体兵庫県予選大会女子、 「マックスバリュ・ヴィクトリーナ」が準優勝

6月20日(日)加古川市立総合体育館にて行われました「第76回国民体育大会バレーボール競技兵庫県予選大会 兼第75回兵庫県民体育大会バレーボール競技大会」に「マックスバリュ・ヴィクトリーナ」が出場しました。
コロナ禍で大会の中止が相次ぎ、「マックスバリュ・ヴィクトリーナ」にとっては1年半ぶりの公式試合。
また今大会には、U23指定チームの関西福祉大学と、連携協力関係にある神戸親和女子大学も出場しました。
試合はトーナメント方式の3セットマッチ。
「マックスバリュ・ヴィクトリーナ」は一回戦の関西福祉大学Eにセットカウント2-1、2回戦の神戸親和女子大学Bには2-0と順当に勝ち進み決勝へ。決勝では関西福祉大学Aと対戦し、1セット目17-25、2セット目23-25と悔しくも破れ準優勝でした。

今大会を終えて監督、キャプテンのコメント。

【監督 寺口朋孝】

1年半ぶりの試合、まずは試合ができたことに感謝いたします。今大会で色んな課題が見つかったので、次の試合に向けてもっと練習を積んでいきます。

【キャプテン 藤本怜良】

トップチームから助っ人として大元選手や、新たに入団した選手を加えた新しいチームで準優勝することができました。
決勝では負けてしまったので、この試合を機に次に向けてより一層頑張りたいです。

今大会の他試合結果につきましては、兵庫県バレーボール協会のホームページをご覧ください。http://hyougo-volley.greater.jp/hyougo/index.html

PAGE TOP